自己破産を簡単に考えている人はまた借金をすると思う

自己破産という言葉を耳にした事がある人は多いのではないでしょうか。自己破産は、借金をした人がどうしても借金を返せない状況に陥ってしまい、自ら破産について裁判所へと申し立てを行うことであります。その自己破産を行うことによって例外を除いては、今まで借りていたお金を返さなくても良いことになるのです。しかし、自己破産をすれば借金がチャラになるという考えから、それについて簡単に考えている人がちらほらいます。どれだけ借金をしても、いずれ自己破産すればいいんだからなんて簡単な考えを持っている人は、いずれまた借金をすると思います。

裁判官検索 | 法律情報サイト e-hoki

同じ収入を得ている人同士であったとしても、一方は借金をし一方は貯金ができてるという違いが生まれるのは多々あります。これは、収入の違いではなく、お金に対する価値観の違いやお金の使い方の習慣が違うことによって起こります。ですから、借金をしてしまう人の一部はお金に対して無頓着である場合が多いのです。たとえ自己破産をしたとしても、ずっとお金に対しての意識が変わらない限りは借金をするサイクルから逃れたとは言えません。

高知県庁ホームページ - 債権者登録(変更)申請書(記載例)

また、自己破産をしたのに借金ができるのかという疑問を持たれるかもしれませんが、実は自己破産をしていても借金をすることは可能です。しかし、一般的な金融機関からは信頼性の問題からなかなか多額のお金を借りることはできませんから、危険な闇金などでお金を借りてしまうケーズもあります。

仙台 競売

ですから、自己破産すればいいという簡単な考えは間違っており、自分自身の借金などに対する金銭感覚を修正しなければ自己破産をしてもまた同じように借金まみれになる生活が待っていると言えるでしょう。