諦めの悪い営業電話

春は「出会いと別れの季節」とも言われている他、何かを始めるのにも適したタイミングとして世間的に受け取られています。多くの人にとって身近な例を挙げてみれば、大学を卒業した新卒社員が初めて社会人として働き始めるのも、この春の季節ではないでしょうか?

このように春は、良きにつけ悪きにつけ、何かの始まりを告げる時期でもあるのです。

さて、この始まりの時期には色々なものが増えるものですが、その中の一つに、「新卒社員の研修として行われる営業電話」が存在しています。
早いところでは3月下旬から、遅いところでも4月中旬には、この新卒電話研修とも言うべき一種の洗礼が実施され、まだあまり社会経験の無い新入社員は、世間の厳しさを知ることになります。

これをお読みになっている皆さんの中にも、この時期に妙に「諦めの悪い営業電話」が掛かってくる覚えは無いでしょうか?おそらくその電話の向こうには、指導役の先輩に睨まれながら電話を掛けている新卒社員がいることが多いはずです。
掛けてこられる立場としては、迷惑この上ない営業電話ですが、もし可能であれば、電話の向こうには社会に不慣れな若者がいると思い、少しだけ優しく接してあげても良いかもしれません。